カーテン物語……カーテンて通販で購入可能なのか?の巻

 カーテン物語……カーテンて通販で購入可能なのか?の巻……そんなわけで、新年早々、この列車に乗っているのだ。そして、その列車に乗り込んだのは、かなりの人数になっていた。最初は3人、大友と、私と、例の青年反岡、のはずであった。だが爺さんが、「年寄りが1人ぐらい居た方が、何かと便利だ」と言って割り込んできた。

 さらにあきまでが、「連れて行かないと、私は自殺するから」ほとんど脅しである。そんな事があって、結局5人で行く事になった。今日のあきは普段とは違い、カジュアルな感じの姿をしていた。かなり年季の入ったジーパンに、ショートブーツ、そのかなり履き潰した感じのブーツは、それなりにジーパンに似合っている。

 その上に紫のセーター、マフラーは赤だ。私が以前、「赤色か、ピンク色の似合う女性が好き」と言ったのを覚えているらしく、そのマフラーは良く見掛ける事が出来た。コートは、これもちょっと古い感じがするチェックの柄のダッフルコートだ。かなり古い物らしく、少しくすんだ感じがした。

 ただその柄はどこかで見掛けた事が有るような気がしたが、あまり気には留めなかった。普段見かける彼女は、仕事の後が多く、仕事着のままの事が多い。客商売をした後だから、結構きつい感じの服装である。そのあきが、そんなカジュアルな格好をしていると、不思議と新鮮な気がしてきて、また違った気分で話す事が出来た。

 JRの可部線は確か1969年の開通である。もともと太田川の沿線の、木材を運ぶために作られたものらしいが、近年の過疎化で利用する人が減り、もう間も無く廃線になる運命が待っている。そんな可部線だから乗客は少ない。と思っていた。その思いは間違いで、結構乗客はいる。

 広島駅から乗り込んだ私達であったが、立っていないといけない状態になった。思惑が外れた。私はその列車の中でゆっくりとビールを飲もうと思い、3本ほど買って、隠して持っていた。もっとも隠しておいた。と思うのは私だけで皆同じように買って持っている……ニトリのカーテンへ欲しいに続く。

サイト内の文章にはすべて著作権があります、無断盗用引用を禁止いたします。
このサイトはhttp://www.takumu.net/hp/のテンプレートを利用して作成しております。

エブリデイ・イングリッシュで勉強|イメージ画像